スポンサーリンク

説得の仕方

スポンサーリンク

両親への説明は無意味。

人間、年取ると短気になってきます。

息子から父への説明なんて、よっぽど温厚なお父さんじゃないと耐えられないでしょう。物分かりがよいお父様ならとっとと自分で格安MVNOへの移行は完了しているでしょうし…。

お母様は更年期真っ只中ではありませんか? 更年期の女性(男性にもゆるやかに更年期があるそうですが)には何を言っても怒られます。余計な行動はしないようにしましょう。格安スマホに移行するのは待ちましょう。うちの場合ですが、母は35歳頃からかなり精神的にヤバい状態でしたが、50歳になって閉経を迎えてから驚くほど落ち着きました。

しかも、お互いイイ年になっていても、子供の言うことなんかホントかなあ?と疑います。いつまでも親から見て子は赤ちゃんのままなのです。

娘・息子が両親に「説明」するのは伝わりません。どうしても説明したら伝わるという幻想を捨てきれないならせめて時短に徹しましょう。両親を苛立たせない程度にサクッと終わりましょう。

お金に困っていない両親世代にとって「安くなる」は無意味

うちの親の場合は50代と60代なのですが、バブル世代ではないもののロストジェネレーションではないので、コツコツと給料が貰えていました。運よく定年退職まで勤められて退職金もゲット。真面目な性格なので貯金も普通にあります。年金もまともに貰えています。

携帯料金が半額以下になるっつったって数千円程度じゃないですか。リーマンショック世代(笑)の私にとってはめちゃくちゃ貴重なんですけどね、
お金に困ってない両親世代には特に魅力的な話ではないんです。

手続きが面倒くさいと知れると、「月々5000円くらいの差ならauがいい」とか言います。キャアアアシアアア

理論で説得するのは逆効果、情に訴えろ!

我が子が親孝行してくれてる(感動)✨…という親の心をくすぐるのである。
特に父親の場合、子供に説得されるというのはプライドが壊される→拗ねて話を全く聞かなくなる危険があるので、「子供の言うことをきいてあげよう」というスタンスにさせてゆき、あくまで親は上にもっておくべし。

つまり親を説得する必要はない、っていうか無理なんで、感情論でなんとなく丸め込むのである。

スライドつくってプレゼンしたら理解すすんで親納得、なんて幻想ですから。取引相手ではなくて肉親なんでまともな説明→納得なんてできないですよ!

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
スマホやガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント