スポンサーリンク

台中 チャンスホテル 巧合大飯店

おすすめ度★★★☆☆(部屋の構造が不満だったので)

鉄道車内から見えた程ホントの駅前で迷わないし、高速バス乗り場の横でもあるので立地が最高であり、初・台中訪問には良かったと思う。

悪い点

部屋の照明スイッチが見当たらない?

チャンスホテル

通常、入り口ドアの近くに部屋全体の照明スイッチがあるモノですが、見えません。

ちょうど掃除の係員の人が通りがかったので教えてもらいました。チェックイン15時からなのに16時過ぎまで掃除終わってなくてうるさかったです。。。

照明スイッチの場所

なんと!入口付近ベッド下段のカーテンをめくったら、スイッチとエアコントローラーが。

こりゃ見えんわ。

気づくわけないよ!(笑)

1/2という高確率でプライバシーが無い

巧合大飯店

梯子のところカーテンレールが通ってないのでそこの部分はカーテン閉められないんです。隙間空きすぎだ。下段ベッドにあたると、見えるのでカーテンの意味が無……

空いてるわ、スイッチでいちいちカーテン捲られるってこのベッドの人のプライバシー無くね?……て、私がここのベッドでした(T▽T)イヤ~

上段はフルで閉まります。

 

部屋つくってベッド搬入したら

予定よりベッドが大きかったか、

図面より部屋が小さかったんでしょうね。。。

何年も前、台湾出身のインテリアデザイナーに、「日本は効率悪い。会議会議で時間かかってばかり。作り出さなきゃ、実際がどうなってるかわかんないのに。」「土地が図面通りじゃないの?」「まあそう。違うのがわかったら、そこから軌道修正しつつ進めていく。でも日本は最後まで全部決めて、で作り出したら実際違ってたりするから、そこから全部修正するから無駄になる。」「ほぉ~」て聞いたのですが、
でもこれはなんとかなってないやろ(苦笑)

部屋にUSB充電口しかないのは不便

予約サイトのレビューで知っていて了解しながら予約したのではありますが、でもやっぱり、PC充電するのにいちいち共同エリアに行かなきゃいけないのは2日目からめんどくさかったです。


蓋を押し下げながら端子を挿入します。

 

コンセント
個人照明のスイッチ。パチンパチン夜に音が響くから、もし私がゲストハウス運営するとしたらタッチ式で音が出ないものにする

シーツを自分で張らなくちゃいけない

うーん、1000円台のホステルなら納得だが、2000円越えしてるのに、か。。。その分朝食代なのかな

良い点

Wi-Fi接続は良好

Wifiパスワード
チェックイン時にWi-Fiのことは教えてくれなかったですが、フロントにパスワード等貼りだしてありました。

各階にルーターがあるようで、ネットはサクサクでした❤

冷蔵庫など充実@4F共同スペース 

コンセントの位置が飛び飛びにしかなく、チョイト変でしたが、混雑することはなくいつでもコンセント使えたのでまあヨシ。

冷蔵庫有ってよかった! ゲストハウスは共同スペースに冷蔵庫があるものって思い込んでたので、その前日に台南で泊まった宿が冷蔵庫なくて西瓜ジュース買ったのにやべぇぇぇってなってたので、安心しました。


なんか不思議なのが、蛇口のコックが前後だけじゃなく左右にも振れることです。どっちかだけでも水流調節はできるんじゃあ??

給水器

台湾の給水器には温水モード(この写真では左の赤いの)もついています。
他のホステルでは熱水、冷水、常温水の3パターンありましたが、このチャンスホテルは
熱水、常温水のみでした。ぬるいよぅ。

カトラリーも食器もコップも有るし、

グリーンジャスミンティー(いい香りです^^)のティーバッグも使い放題だ。

電子レンジもありますね、トースターは無かったけど。台湾なのに、ホテル内で買ってきたもの食べる人っていンの? 安くておいしい外食ができるのに??と思ってましたらですね、

国内旅行中の台湾人若者が夜マクド食うくう。

そっか~。格安宿は外国人少なめよね~(普通1泊1万円くらいのお手頃ホテルに泊まるのでは)、台湾人だったらそりゃ旅行時はいつもと違うって食事したいよね~M マック 。

シャンプーとシャワージェル(ボディソープ)は備え付けで有

乳液やシャワーキャップも置いてありました。
外に干していいそうです。紛失しても責任は負いませんって。

5F~11Fはドミトリーじゃなく普通のホテルです。前日の台南の宿の屋上で見た夕陽が素晴らしかったので、ここも屋上に登れないのかなと探したのですが、ドアは開きませんでした。し、11階から上の階段はリノベしてないのでめちゃくちゃ汚くて古かったです^^;ギョヘェエエ 表面は綺麗になってるけど、中はボロボロの建物なんだな。

 

余談ですがこのトイレットペーパーシステム、いいなあと思いました。パック使い切ったら空のビニール引っ張って捨てて、そしたら新しいパックが下りてきてすぐ使える。ロールのペーパーでも同じことなんですが、

芯捨てが無いだけでなんか、ラク…!!

不思議だな~些細な違いなのにグっと楽に感じる。

朝食は遅い時間帯のほうが充実していた

chance hotel breakfast

評判通り良かったです。味もまあまあ普通においしいデス。

サラダバー。醤油系ソースっぽいものかけたらめっちゃわさび効いてた。

終了間際に出てくるナゲット

白ご飯、お粥

4種類のパン

バター、チョコレート(品質まとも◎)、ジャム

烏龍茶のティーバッグ、マシーン(ミルクティー、ココア、甘コーヒー)、淹れたてブラックコーヒー、温かい豆漿(豆乳に近い)、葡萄ジュース、オレンジジュース。

他にもスクランブルエッグや野菜炒めなどなど。

朝食の時間帯は6:30~9:30なのですが、

9時前くらいから行った方が、混んではいるんですがその分回転が早くなってメニューが入れ替えされるのでいろいろ楽しめたり、終盤はナゲットとか排骨(衣が薄いフライドチキン)が出てきて、まあ間違いないおいしいものというか😋若者好みになってきますね。すぐできて出す量も調節しやすい冷凍品がでてくるんですね。アッ揚げパンだけは登場したてをゲットしても冷たくてマズかったデス。。

チャンスホテル 朝食

客層が良さめ

11階建てのホテルの中の2~4階部分だけがドミトリーになっているので、
客層はほぼホテルに宿泊するような人です。恋人同士で旅行してる人はお互いに見得があるためマナーがいいですし、家族旅行の人も子供の目があるので然り。
ドミトリーも、ギャーギャー騒ぐ人はおらず、トイレを汚しっぱなしの人もいないので快適に過ごせました。

イギリスやオーストラリアでドミトリーに泊まった時は
白人男性グループ(南欧か東欧と思われる。イギリス人とドイツ人は騒がない。)は騒ぐし、白人女性はイチャコラしまくるし、
インドやアラブ系は民族音楽流しまくるし、黒人女性は片付けないし、
共同ルームのコップは「洗ってください」って書いてあっても洗わず飲んだまま放置する人多すぎだし、カオスでした。

チャンスホテルだけじゃなく、今回台湾で泊まってみたところほぼ雰囲気良かったです。

高雄でも台南でも台中でも、ドミトリー使用は国内旅行中の台湾人が多く
「冷房入れていいですか? 寒く感じたら切ってもらって大丈夫ですよ」って聞いてくれたり、
コップは皆もちろん洗って、びっくりしたのが、さらにコップ拭いて、洗ったときにシンク周りに飛び散った水滴まで台拭きでちゃんと拭いて完了ということ。コップ洗ってびちゃびちゃのまま乾燥台に置く、までしか今までやってなかったなあ。そーよね、水飛び散ってるしそれも元の状態になおすとこまで含まれてたんやなあ。

台湾政権がかわって中国が制裁措置を解除したら、また大陸からの観光客が押し寄せて、雰囲気は随分変わってしまうかもしれませんが。。。譲り合いから我が我がになるでしょう。ってことは今が台湾に行くチャンス時?!なのかもしれない。今、穏やかな雰囲気で楽しめることは確かだ。

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
台中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント