スポンサーリンク

第一次・第二次世界大戦戦没者共同墓地~わたしの祖父たちと私の戦争

安平高野山、萩でもそうだったんだが、私は墓地がなんだか好きなんである。
日本の墓地の線香臭さとかたまらない///

すき好んで墓地の隣に住むようなメンヘラではないが、
ど…どうしてもっていうんなら、住んでやってもいいわよってくらいには墓地が好きだ。
家賃2万円引きにしてあげるっていわれたら迷わず墓地横に引っ越すくらいには好きだ。
。。。充分変かな。

幽霊は見えたことありません。
怖いので見たくもないです^^;(だからヘミシンク続けててもなかなか何も起こらないのかな~

第二次世界対戦沈没者墓地

エディンバラでは
ロイヤル・マイルの東の端の裏側に世界大戦の英連邦共同墓地があります。

Commonwealth War Graves

コモンウェルス戦争墓地

Commonwealth War Graves

門があったので(※開いてるけど)入っていいのか?とキョドりましたが他にも観光客がいたのでいいみたいだ。。

Commonwealth War Gravesとは…第一次世界大戦および第二次世界大戦においてイギリス連邦加盟国の軍役に就いた戦死者の墓地

wikipediaのコモンウェルス戦争墓地委員会より

コモンウェルスとは?

the Commonwealthとは…大英帝国とその植民地であった独立の主権国家から成る緩やかな国家連合のこと。

同じくwikiより

 場所

 

私のおじいちゃんたちの大戦

WWⅡといえば自分の直近の祖先の思い出話。
今の未成人はよっぽど長寿の家系じゃないと、もう戦争を生きた親戚がいないんじゃないかな。

Commonwealth War Graves in Edinburgh city<

 

母方の海軍⚓職業軍人

母方のひいおじいちゃんは職業軍人の海軍将校で大戦に参加した。
別に軍人になりたかったわけではなく、コネもなく家業もなく農家でもない庶民が安定した職に就くには職業軍人しかなかったんである。

 

でも戦闘じゃなくて肺炎で亡くなったらしい。
ちなみに曾々祖母と祖父以外も(曾祖母、祖父の姉妹たち)も皆肺炎で死んだ

その時代の肺炎怖すぎ…というか、国民全体栄養状態が悪すぎて感染したら死しかなかったんだろう。

 

父方のモールス通信兵

父方は祖父が二十歳で赤紙によって徴兵され台湾~フィリピンの地で戦闘に2年間従事。

田舎のコネで電電公社(でんでんこうしゃ戦後のNTT)に勤めてて

モールス通信ができたため、

通信兵になっていた。

 

のち、捕虜として4年間をミャンマーの地で過ごした。

 

20代の6年間を戦争に奪われたのであった。

 

妻の看病のため50歳くらいで超早期退職したのち、死ぬまで30年近く軍人恩給+公務員恩給で凄い額の年金(叔父の給料を上回っていたとか)を受け取っていたが、人生で最も大切な二十代の六年を国家に台無しにされたのだから当然っちゃそうであるな。

そしてわたし。因果かカルマか(と思いたいw

そして何の因果か、
リーマンショックで海上自衛隊に入隊した私は

同じく祖父と同じように通信兵になり(※希望したからってそう振り分けられるわけではないのでこれは凄い偶然なのです)、
20代の5年間従事したのであった。

 

まるで曾祖父の海軍とその就職理由(就ける仕事が無くて)と
祖父の通信兵と年数が合体したような
わたしの20代のお仕事でした。。。

餓死で死んでいった日本兵

近年はだんだんオープンにされてきているが、
太平洋戦争では戦闘ではなく飢餓による栄養失調が死の多くの原因であった。

まるで水木しげるのようだが祖父は何故か現地民と仲良くなることができ
バナナの差し入れをしてもらっていて
軍の支給の食事以外に栄養を摂れていたため生き残れたらしい。

IMG_20170222_161459_edited

死ぬまでずっと台湾バナナが好きで
スーパーでたまに売っている台湾バナナを「これは違う」とずっと言っていた。

今になると、バナナが違うからおいしいんじゃなくて、
やはり極限状態の時に食べたものだったから、
祖父の想い出の台湾バナナはめちゃくちゃ美味しかったものになっているんだろうなぁ、
だからどんなにおいしいバナナを食べても「違う」んだろうなぁと思う。

コンビーフを食べたら死んでしまった日本兵たち

ミャンマーでの捕虜生活では、

アメリカ軍により食事としてコンビーフが支給されたが、

何年もにおよぶほぼ絶食状態により弱り切った胃は受け付けず
脂肪分を消化できない胃腸が痙攣を起こし、コンビーフ缶で多くの仲間が死んでいったと言う。

折角餓死から救われたのに、食事を与えられ食べたことが原因で死んでしまうなんて。。。
おかゆなんてありませんものね。。

コモンウェルス戦争墓地

別にコンビーフが毒入りだったわけではなく、

胃腸の丈夫な祖父はケロリと食べ、小学校(※今で言う義務教育の中学校)しかでていないのに

片言の英単語をまくしたてて連合軍兵のウケをとり、気に入られてチョコレートも貰ってむしゃむしゃ食べていたとか。。

そんな祖父の子である父も、孫である私も、食い意地が張っていて胃腸が丈夫なデブです。
まーデブだと時代に則してないないことこの上なくて「痩せれば?」と言われるたびに悲しくなるけど、
そんな時は祖父のことを想い出して、
最後まで生き残るのは私やからな・・・!!と思っています。。。

 

他にも墓地がある。こちらは市民墓地かな。

エジンバラ市民墓地

戦争(というか、軍の生活だけでも)は人の人生を無駄にします。台無しにします。狂わせます。精神にも大きく影響があります。してはならないのです…!!

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
エディンバラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント