サレンダーのススメ

いぬ
阿部さん

恐れ自分のことは自分でしっかり面倒を見ないと大変なことになっちゃうぞという分離感からくる。自分と自分以外のものがあるという勘違い。そうすると自分以外のものから自分を守ろう守ろうかという段階に進む。人の顔色を伺うとかこういう状況ではこうしておくのが無難だとか。服のコーディネートや髪型も恐れ。変な人だと思われないようにしなきゃとか見た目で印象悪くしないようにと他人の目が怖い。でも実際は僕たちは同じものだから誰かに価値があって誰かにないんじゃなくてみんな同じ価値でしかない

 

悟ろうとしているということは、悟った時の自分を想定しているわけで、それは今の自分ではない自分に向かっている。それは実在していないものだからいつまでたっても見つからない。じゃあさとりって何かといえば今のあるがままの自分に降参してそのあるがままの自分を認めてそこにくつろぐ、そこから始まる。

悟った人は今の自分ではない何かを持っていて理解があるんだろうなと思っているのだろうが
私は悟ってなんていないと思っている人と自分が何も変わらないことを知っている

さとりはアハ体験みたいな。知らなかったことを知るというより忘れていたことを思い出すというニュアンスに近い。喜びは最初の一度きり。

 

寝るぞ寝るぞとしても寝れないように。いつのまにか眠っているもの。しかし眠るのをただ待つということではなくて眠りを怒りやすくするという準備をすることができる。部屋を暗くしたり寝具を用意したり。

結局瞑想しかない

 

ねこ
雲さん

人間の脳は感じることと考えることを同時進行させることができない。感じている間は思考が入り込めない。逆に考えている時は感じられない。

 

夢すらも見ない深いパイプが繋がっている睡眠は、健康な人で長くて一晩に4~5分
食べるというのは何かと言うと源という大きな風船じゃなくて豆電池ぐらいのエネルギーをせっせと摂取しているだけ。

メモした単語が間違ってるかも💦

僕たちが日々持っている色々な願望は何一つ自分の力だけで若返ることができないということ。ありとあらゆる現実の創造は存在の全ての全体での動きによって成り立っている。その事実を信じることができないので自分の願望は自分の力で獲得するんだと思う
願望実現と自我の努力は関係がない。むしろ自我の努力があることで空の領域の動きを妨げ空回りで全然思い通りにならない。どんなに頑張っても願いが叶わないという人がいたりそれほど努力していなくても思い通りになるという人がいるのはそのためです。
どのように努力するかということ以上に神にお任せすることができるかという方が重要。
あらゆる願望というのはそれを僕たちが大事に持ち続けていても実現はされません。願望を具現化する力はクオンタム・フィールドの側にあるからです。
お金だけでなく人望も名声も自分以外からもたらされる贈り物です。

 

僕たちは自分で自分の願いを叶えることはできないけど誰かの願いを叶える事は出来る。つまり宇宙は誰かの願いを叶えるそのことによって自分の願いが具現化されていくという構造で成り立っている

地獄の六寸箸!! そっか、あれは地獄だけのエピソードじゃないんだな…

 

もし「正義の味方になりたい」という願いをソースに送ったら大変なことが起こってしまうんです。源は「君は世のため人のために戦いたいんだね。よろしいその要望を叶えるために君にはショッカーをプレゼントしてあげよう」と悪を用意してくれる。
私が正義であるためには太極のアクが必要になる。だからそういう人は悲惨な目にあう。攻撃しなきゃいけない様子を探すんですよのなかに。だからそういう世界が見えてくるんです。批判しなきゃいけない指定しなきゃいけない改善しなければいけない問題を探すんです。

アー!!耳が痛ィィィィ。思い当たるぅぅぅ。私、いつも「よき人でありたい」と思っていたんです。そしたら、家庭(というか母)はいつも怒り叫んでるし、就職してからも職場には必ず壊れてしまったアラームのように怒鳴り散らす人が必ずいたんです。

その時はストレスの高い職種だからだと思って転職したのですが、それでも今度は職場の仲間じゃなくてお客様としてブッ壊れた機械系の人が現れる

そんじゃぁと仕事を辞めてニートになれば、ただの街でも奇声を発するじいさんに追いかけられるようになったり(恐怖!!!)

 

それもこれも「(こんな世でも)自分は良い人でありたい」と決意していたからか。。。そりゃ悪い状況+悪人(自分の場合は悪人というより奇人やプッツンの人に遭遇してしまいます)がなけりゃ自分が正義(とは思ってなかったが「良き」とは思ってた💦)になれないわなぁ…

 

同じだけど、もう一つ。「公平」ジャスティスな人でありたいとも思ってたんです。理不尽で感情的な人が多すぎるから。でもそれも、私がjusticeを思っていたのが先で、それが発揮される状況が用意されたのか。ガーン💀💀

願いを叶えたいなら言葉遣いに気をつけなさいネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換しなさいと言うのはおかしい。だって言葉は顕在意識レベルの世界にあるものだから。

ほんそれー!!

ねこ
うんこくさいさん

うんさん曰く、2012年は春分の日だっていうんです。いよいよ春が来るなっていう目印になるけどそこを起点に突然春ですということはない。春が来れば自然と目が出る。主という人間自身の努力がどうこうということではなく季節というエネルギーの運行の流れに沿ってそれはおこる。そしてこれまで世に現れた覚者イエスブッダは早咲きの花だったんだと。

つわりはある種の免疫反応アレルギー反応。懐妊というのは新しい命が宿るのではなくて本当は新しいカルマが宿る。母体の中にカルマが入ることでおえっとなる。
まずはお母さんの感受性の問題。そういうエネルギーに敏感か。
もう一つはカルマの質の問題。お母さんが既に保有しているかもカルマと同質だったら抵抗感は出ない

ねこ
国際

僕たちはこの現象界を見たときにいろいろなものに限りがあるって思ってるじゃないですか。 本当はそうじゃないのに。それはやっぱり源を信頼していないんですよ。源には全部用意してくれるだけの能力がありますから。奪い会おうとしなくてもそれだけのものを用意できる能力がここにはあるんです。今ひとつしかないって言っててもそれに相当するものがどこからか見つかるんですよ。

いぬ
阿部さん

そうそう世の中にあるものが有限だっていう価値観が僕らにはありますがでも宇宙っていうのは無尽蔵にいつも供給してくれるんですよ。例えば一人の素敵な男性がいてそれを狙う女性がいっぱいいたとしたらそしたら同じ要素を持つまた別の男性が現れるとか

マジでか~。バッチェラージャパンに言いたいわ(笑)

コメント