スポンサーリンク

stoke-on-trent駅のファーストラウンジの営業時間。さすが陶器の街ストーク・オン・トレントという内装🍵

ラウンジは駅の東側にあります。

stoke on trent first class lounge
外の道路に面している。

営業時間 +£5で誰でも利用できる

ナント、1等席利用者じゃなくても5ポンド払えばラウンジ利用できると書いてあります。
お金の支払い場所は駅のチケットオフィスでだってさ。

物価高いお国なのでカフェに入ったら£5よりはるかに高いお金かかりますし、
1時間半以上とか長時間列車を待つならラウンジを使ったほうがいいですね。

stoke on trent first class lounge opening times

平日(月~金)05:45~21:00

土06:00~20:00

日08:30~20:00

となっています。ガラス窓に書かれている以前の営業時間より延びたようですね。観光客が増えたのかな?

入り方~インターホンで

ユーストン駅みたいな巨大駅と違って、受付の人はいないです。無人です。
なので、
①写真右のインターホンを押して、
②一等車のチケットをインターホンのカメラに提示(駅員が遠隔で確認)。
するのとドアのロックが解除されて入れます。

ストーク・オン・トレントのファーストラウンジの入口

エマ・ブリッジウォーターの皿が飾られている

流石陶器の里ですね(*´ω`*)
ウェッジウッドがメインじゃないのがちょっと悔しいが(wedgewoodのほうが好きなので)

SOT first class lounge emma bridghewater saucer

virgin traingのストークオントレントのラウンジ

テーブルの上にはバナナ・梨・りんごが入ったかごが置いてあります。もちろんラウンジ利用者は自由に取っていいです。

ストークオントレント駅のトイレトイレの位置

 

IMG_20170228_171746
時計に比べて、電光掲示板小さすぎじゃないでしょうか??見えないんですがww
利用客も少なく人の流れがないので、ダイヤの乱れやホーム変更があったときに気付きにくいのがちょっと微妙かも。

ホームの北の端にラウンジは位置してるので、喧騒から離れて落ち着いてはいるんですが、取り残されるとも言える。

飲み物、食べ物

写真に撮ってないですがユーストン駅と同じコーヒーマシーンもありましたし、
冷蔵庫には炭酸ジュースが入っていて(もちろんラウンジ利用者は自由に取って飲んでいい)、
広々とした円卓もあってPCを広げている人もいました。電源はあるということですね。


イギリスの鉄道のファーストクラスラウンジで見れる飲み物

ユーストン駅のようなマフィンなどの手作り菓子はありませんね。
不味いパッケージ菓子(バラマキ土産にありがち)があるのみです。

First classの車内

IMG_20170228_173507

電源有。

IMG_20170228_173544

テーブルの上は前の乗客のごみカスで汚いです…なんで白人系て片付けないんだろ?
ウェットティッシュがいるかも。

IMG_20170228_183536

ストークオントレントからロンドンへの帰りは1等車にして正解でした。
Stoke-on-trentもEuston駅のラウンジも居心地良かった!

 

ストーク・オン・トレント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント