スポンサーリンク

peach KIX搭乗を急がないと手荷物を入れるスペースが無くなるLCC

関空に着くけど、そーだ、peachだけ専用ターミナルになったんだから移動しなきゃ…
指示標識に従えばすんなりバス乗り場に着きました。
バス待ちに5分。 シャトルバスの走行が5分。そしてピカピカでシンプル過ぎて殺風景なターミナルに着きました。

peachを利用するならいつもの関空利用より20分余裕を持って行った方がいいですね。

関空のpeachチェックイン機械は5台

ハリキリ過ぎて出発2時間半前に着いたけど、当然受付はまだ開いていなくて、充電しながら待ちぼうけ。2時間前からチェックイン開始だ。
手続き開始時刻の10分前になると列が自然発生していたので私も並ぶ。5分前にはpeachスタッフがやってきたが、
手続きの機械がロック解除されたのは時間きっかりからでした。

peachの手荷物で持ち込めないもの  

手荷物の大きさとか重さは自分で確かめてね!で、他人に調べられるわけはないので不安。。(搭乗の時にいきなり『アナタの荷物ダメですヨ』なんて言われないかな~とドキドキ)

ピーチの関空ターミナル2

ターミナル2はpeach専用になったんで、、ガラ~ン。
充電スペースは、全部の席についてるわけじゃないけどそこそこあるので困らなさそう。

関空のpeachエリアで充電はできる

コンビニとナナズカフェ(おしゃれなカフェ丼)とか免税店とか一応店はあるんだけど、
全部1種類しかないのね。。。
なにか食料は用意しておいたほうがいいです。心がすさむ。
空港価格だから料理も一皿1000円近くするし、コンビニのじゃがりこも170円とか。
これから安くて美味しい台湾に行くってのにここで支払えるか~!!とガマン。ぐるるるるる…
飲み物を買うのすら、台湾に行ったらフルーツジュースが飲めるんだから~~!!と、トイレ前の給水器の水を汲んで我慢。

搭乗手続き始まったらあっという間に終了してて、危うく乗り遅れるところだった。手続き始まった最初は「お子様連れ・座席が後ろの人」だけの案内って言われてはじかれたんだけど、律儀にそれが終わるの待ってたら全体も終了してたんだよね。。。皆優先乗組として乗ったみたいだ…

関空でのpeachの機体

自分たちで飛行機近くまで歩いて行って乗り込まなきゃいけないっていうのは、嗚呼LCC…って感じはしますね。

乗組みが最後になってしまったので、持ち込み手荷物を入れるスペースが開いてないという事態に。

ホントにみなさん手荷物1個ですか??
絶対3個入れてる人いるやろ…

そーか、だからみんな偽って先に入ってキャリーケースを収納するんだな=3

座席は逃げないけど荷物スペースは埋まっちゃうから。

私のキャリーは中身1/3しか入ってなくてぺしゃんこだったので、詰まってる荷物の上の隙間に押し込みました。けど、満タンに入ってたらまじでキャリー入れるスペースなかったよ。。どうすんだろ。
兎に角、LCCの搭乗はMAX急がなければいけないと学習しました。

初めてのLCCはジェットスターで、ケアンズ(オーストラリア)行きだったからこんなことなかったんだよね。台湾と言えど中華圏だから、皆荷物量がすごいのね。

関西国際空で見たカラフルな機体

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
台湾
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび