スポンサーリンク

風の谷のナウシカ7をスピ目線で

風の谷のナウシカ、定期的に読みたくなるんだけど、ずっと手元に置いておくのはかさばるからなぁ。古いから速攻ダニ湧きそうだし。早く電子書籍版発売してほしい

のちの作品を彷彿させるシーン

ヤックル?(もののけ姫)

 

ラピュタの1シーンに似てる

 

名をくれた…千と千尋の神隠しを想い出す。

 

  

 

 

OBE(幽体離脱)してナウシカ姫を助けにやってくる森の人・セルム。なんてオカルトなんだ・・・!!

肉体をはなれる力

テレパス

    

絶望のナウシカ

これで読み返すのは3回目なのですが(アニメは地上波放送の度に見ます)、
読むたびに受け取る印象が違いますね~

1回目は、おーこれがナウシカの原本か!!7冊もある!アニメって1巻だけやし、風の谷で小さくまとめてるし、めっちゃはしょってるんやな~ふ~ん、という好奇心

2回目は原発関連の後だったので、おぉ…他の多くの作家さんもだけど、国民的アニメを何本もつくった宮崎駿のメッセージでさぇ浸透しないもんだなぁという絶望と、あと放射能放射能

[amazonjs asin=”4594065775″ locale=”JP” title=”内部被曝 (扶桑社新書)”]これ簡単に書かれてるので多くの人に読んでもらいたい。

 

3回目の今は、精神世界系の目線で。ナウシカとセルム(のちのナウシカ姫のいい人?)の悟り具合パネェ…なんで少年少女のほうが他の大人より覚ってるのっていう。アナスタシア思いだすわぁ。子供は全てを知って生まれてくるが大人が「お前は何も知らないのだ」と教えてしまう。。

[amazonjs asin=”486451089X” locale=”JP” title=”響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)”]

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
読書メモ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび