スポンサーリンク

なんでNTTらはずっと回線の提供者であり続けてるの~ガラパゴス日本だけの大企業の既得権

0 SIM検討から派生した疑問のまとめです。標題の答えにはホリエモンの拝金を読むのがオヌヌメです。

フジテレビ買収のエピソードで電波使用権の日本独自の奇妙さについて書いてあった。

そもそもなんでNTTらがずっと回線の提供者なの?

有線回線だったら設置があるのでずっとNTTらが権力を持ち続けるのはわかるのですが、電波の使用権だよ?周波数だよ。ケーブルのように有形物じゃないのよ。電波塔の維持費とかは突っ込まないで…わからん^^; 一社独占じゃないから独禁法じゃないけど、なんでずーっと大手三社がパワー持ち続けてるわけ

こちらのブログさんがわかりやすい↓

電波は誰のものか? - ほぼ週刊べんちゃんのブログ
電波はみんなのものであり、テレビ局やラジオ局、携帯電話会社のものではない。自分のものではない以上、電波を使用するには相応の対価を払うべきであり、払われた対価は国民に還元されるべきである。多くの国では周波数はオークションにて販売されている。テレビ局や携帯電話会社などの電波通信事業者は一定の年数ごとにオークションで周波数を...

このページ、借り物ばかりですけど^^; うまくまとめられる人ってすごいなぁ…。

私も以前ホリエモンの本で『電波の使用権は諸外国ではオークション制固定企業のみが格安の税金を払うだけで使用し続けられる日本は異常』と読みましたが、リアルで人にうまく説明できなくて…。だいたい「は?興味ない。」「何言ってるのかわからん」って拒否されちゃいます……

『拝金』のほかにも、「刑務所なう。」もしくはその続編の刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話でも書かれていたと思う。ホリエモンがフジテレビの資金を骨抜きにしたったから例の騒動以降フジには予算がまったくなく、面白い番組はつくれなくなったそうな。マツコも、リーマンショック以降タレントも昔のように夢のような収入がゲットできるわけではなくなったと言ってましたね。
ドコモドット

余談ですが、ホリエモンの本はライターさんが書いてるから読みやすいし(それは本人も公言してらっしゃいます。本人著述じゃないです)、勉強にもなるんだけど…ホリエモン本人が「他人の思想なんて学んでナニになるの?時間のムダ」って言ってるのでそれに倣って、あまりホリエモン本を読むことには時間を割かないようにしています。

河野太郎の仕事量の凄さ

http://kazuyahkd.com/archives/530

↑なお、こちらのブログさんによると電波利用料のおかしさについて現外務大臣の河野太郎も、昔、言及していたそうですよ。河野大臣は大臣就任前には原発関連の追及でも積極的に動いてらっしゃいましたし、国民としては税金の払いがいがある政治家さんですね◎

顔色がいつも悪すぎるので心に溜め過ぎてる人なのでは…と不審に思っていましたが、お父様に肝臓の一部をあげたから肌もボロボロなんですね。外見で判断してしまって申し訳ない。

自民党 衆議院議員 河野太郎の公式サイト - ごまめの歯ぎしり ハードコピー版
これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
SIM無し(電波な死)生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント