スポンサーリンク

⑲ のび太の宇宙漂流記

読み返したい度★★★★★

大長編ドラえもんを読み返すのがマイブームである。
『のび太の宇宙漂流記』はブリキのラビリンスと同等ぐらい色々なオマージュが詰まっている。

北欧神話

フレイヤ(女神)

BB8妖精フレイヤ のび太の宇宙漂流記 R2D2
R2-D2…というよりはBB-8に似たロボットも。藤子先生は未来が見えていた?!なーんて(笑)

ユグドラシル(世界樹)

  ユグドの樹ユグドラシル世界樹 菩提樹

スターウォーズ要素

 ストームトルーパー(白い歩兵)

 ストームトルーパー 大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記

ジェダイの議会みたい

スターウォーズっぽいのび太の宇宙漂流記 大長編ドラえもん

もろStar Wars(笑)

ダースベイダー ドラえもん のび太の宇宙漂流記
まさか父さんが…って物語において鉄板なのかなぁ

スピリチュアリティ

世紀末の予言ネタ

アンゴルモア ノストラダモスの予言 ドラえもん
のび太の宇宙漂流記の公開は1999年3月だから、時事ネタだったんですね。
当時はノストラダモスの予言はまことしとやかに騒がれていたものでした。1995年以降生まれの人からしたら信じられないかもですね(笑)めちゃ盛り上がってました。

 

それと比較すると2012年は全然盛り上がらなかったなぁ。精神世界に興味をもってから初めてアセンションなんて言葉聞いたし。

世間でも、マヤ暦が終わる!とメディアにけし掛けられても、
何もなかった1999年と、
やっぱり何もなかった2000年の(「2000年問題」も結構騒がれた)
たった12年後だから今回もなにもないでしょ~~とシラ~~となったのでは。

 

「世界が終わる」系の話は、1999年と2000年の騒動を覚えている世代(ワタシ!)が亡くならない限り狼少年ポジションですねぇ。

昔はノストラダモス研究所とかフツーに道路沿いにあったもんねぇ。オウム真理教事件以降、そういう系は存在を許されなくなりました。時代の流れを感じるわ~。

アトランティス?

大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記 結晶で浮遊する

結晶で飛ぶって他の本でもあったような気がするけど思いだせない

テレパシーとシンクロニシティ

精神感応テレパシー大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記

ガイドの知らせ的な

ガイド ドラえもん

 

 

のび太くんの素目って3じゃなかったっけ? 点になってるなぁ。

裸眼ののび太くん

 

どこでもドアの使用可能圏
なかなか細かい設定のあるどこでもドア

 

胸が描写されている。小学四年生なのに胸があるしずかちゃん。しずかちゃんのはだか

大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記最後に現実的なドラえもん。

スポンサーリンク

読んでよみて

私の中で『のび太の宇宙開拓史』と記憶がごっちゃになってました。
でもこの宇宙漂流記も舞台が開拓星だし、開拓史っぽいストーリーなんだよ~~

 ①ひょんな事故から異空間とつながる
→②異次元の住人と仲良くって問題解決
→③異空間がもとに戻ってもう2度と会えない、さようなら君のことは忘れないよ
という大長編ドラえもんの鉄板型ストーリーでした。ていうかいつもこのパターンしか無いかも?
大長編クレヨンしんちゃんとかもこのタイプっぽい話ですよねいつも(CMでした観たことないが)。「この世界感はこの番外編のなかだけですよ~」とオチをつけないといけないからだろう。

傑作ってワケではないけれど(夢幻三剣士は傑作だと思う♥)、
スターウォーズを観て
北欧神話が日本での流行(漫画にロキやフレイヤという名のキャラクターめっちゃ増えましたよね。ヴァルキリー(ワルキューレ)ネタもめっちゃ多いし)を
経験してから改めて読み返すと元ネタ探しの楽しみがありました♪

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
大長編ドラえもんを読み返そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび