スポンサーリンク

ポレットって実は得ではなかった~ハピタスプリペイドカード pollet

最初に0.5%還元ってだけだから、
後で1%還元のクレカのほうがいい。

ハピタスのポイント換金は何がお得なのか

ポイントサイト・ハピタスで1万円分のポイントが貯まったのでそろそろ換金しておこうかなと思いまして。

今までは10円増えるからamazonポイントにしていた(490ポイントを交換するとアマゾソ500pになってた)のですが、今回はその他にしたいなと。

…でも、ポイントが増えるのって、アマゾンポイントかポレットカードチャージとの二択なんですよね。後は銀行振り込みして現金化するのも、その他の電子マネーにするのも1ハピタスポイント=1ポイントでどれも変わりません。

polletカードとは

ハピタス自体がつくっているポレットカードというVisaプリペイドカードがあります。

それにチャージすると金額の0.5%が上乗せされるんですよね。10000円分のポイントをチャージして50円分追加→10050円分なので微々たるものですが、でもありがたい。

ポレットカードはお得じゃない

polletカードの
・発行の仕方(まずアプリをインストールしなければならない)や
・発行までにかかる期間(一週間らしい。土日挟んだら10日かな)を調べていたのですが、冒頭のことに気付いたわけです。。。Σ(lll)ガーン

最初に0.5%還元ってだけだから、 後で1%還元のクレカのほうがお得だ…。と。

 

クレジットカード持っているのだったら意味ねぇ~💦

今の10代って何で決済してるの LINE pay?

ポレットカードっはクレカ発行ができない中・高校生向きなのかな?

そしてふと湧き出た疑問なのですが、ネット決済が当たり前になった今、成人年齢未満の人って何で買ってるんだろう?

マンガだって図書カードより楽天booksで買った方がお得だし。コンビニだってセブンイレブンのnanacoにはクレジットチャージがある(現金でのチャージよりお得だ)。

身近に10代の人がいないのでわからないですが…どうなってるんだろ~。ケータイ決済なのかな?

だからドコモ払いとかLINEペイがあるのかな(。´・ω・)

いやはや…仮想通貨のみならず、電子マネーの段階ですでに頭がこんがらがっています。

思うのですが、日本ってガラケーの時代のみならず、電子マネーでもガラパゴスしてないか?(フィーチャーフォン全盛期、日本のケータイは独自進化をしてしまって企業は量産ができず(外国と同じでないから)苦戦した) 海外でもこんなに各企業グループごとに発行しまくって囲い込みしてるのかなァ?

本来の用途

上の段落を書いた後に気付いたのですけど、ポレットカードの存在は「ハピタスは月に3万ポイントまでしか換金できない」という条件からの救済措置だったようです。ハピタスがつくっているpolletカードなら30万ポイントまで交換できると。

学生関係なかったw ポイントが月に万単位で貯まるなんてなかったから想像もしなかったわ。世には貯まり過ぎてたまりすぎて換金上限額を超えているなんて人もいるのですね。

結局

てことで結局、ポレットカードは検討したけど、ハピタスポイントは現金化して還元率の高いクレジットカードの引き落としに使った方がおトクになると思ったので、申し込みませんでした。という記録でした^皿^;

生活の知恵(節約・貧乏)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント