スポンサーリンク

50年に一度のリュウゼツランが咲いた...けど地味だった件

家族の職場で咲いたとのこと。

リュウゼツラン

30~60年(個体によって違う)にいっぺん咲いて散って枯れて次世代へ…という植物なのですが、
月下美人のように見目良くないし、
蜻蛉(羽化して数時間死ぬ)のように劇的な命の終わりでもないし、

『五十年に一度の』って言葉はインパクトがあるけど見た目が地味なのでふーん。。。やな^^; 今まで気づいてなかっただけで普通の道端でも咲いてたんじゃなかろうか。

gekkabizin

月下美人(一日だけ咲く)

 

結構背が高いんです!! 後ろの木につるくらい。

龍舌蘭リュウゼツラン

なんで今年に咲くのかわかるかというと、ふだん地面に這いつくばって生えてるただのサボテンなのに、開花する時は途端ににょーーーーっと延びるからで。そりゃ春に何mも伸びたらなんかあるな!って気付くわね^^

 

このリュウゼツランがサボテンであり、アガベシロップの原料っての初めて知りました(驚

アガベーシロップはヴィーガン料理を作るとなると甘味源としてやたら出てきて必須です。はちみつです。

買うなら楽天じゃなくてiHerbのが安い。4400円以上買わないと送料無料にならないけど、でも輸入食料品店の店頭よりは随分安いです。

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
紫陽花寺
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント