スポンサーリンク

やっぱり、よく寝たら顔色良くなるな…repent

只の日記でございます。

普段2時半過ぎ眠りに落ちる~8時過ぎに後悔しながら起きる、で6時間睡眠なのですが、今日怠惰にも昼寝を2時間してしまったら、すんごい顔が良く…いや、顔色が良くなって^□^

いや~、どんな洗顔料より化粧水・乳液より食事よりストレスがどーのこーのより、睡眠時間長く取ったら肌は綺麗になるよね~~。

…ま、それができたら苦労せんが…。大した仕事してないのに、働いてた時は労働日は睡眠2時間でしたから…。いや別に、デスマーチがあるような産業では全然なかったし、自分も重要な労務なんてしてなかったのですが「明日が来るのがイヤ」過ぎて、毎日4時間くらい「何も考えずにすむ読書の時間」が必要だったんです。

別にその4時間を寝れてたら睡眠6時間取れるスケジュールだったんですけどね…。でもその四時間の自由時間がないと死んでた。。精神力はジャクいけど、体力はあるし頭脳職じゃなかったのでまー2時間睡眠でも平気だった。

瞑想なんて未だにできなくて、「考えない」っていうのが私にとっては人生で一度もできたことないことなんですが、それでも頭をどうにかクリアにしないと毎日が限界で、それで「特に意味のない読書」に走っていたんです。なんか読んでたら、没頭できる本だったら、考えなくてすむから。。。

repent懺悔

読書が苦手な人だったら、この手段はゲームになるんでしょうね。私はゲーム下手くそでできないので(ツムツムが精一杯です💦) 

現実からの逃避行だと本よりマンガの方が簡単ぽいですが、漫画だと本より…な理由以下。
 ①図書館で借りれないので買い上げでお金がかかる(田舎の図書館だとマンガは置いてないんですよ。手塚治虫作品すら無い!!まんがだから! 都市部では最近の漫画の貸し出しまであるのにね><嗚呼地方格差=3)
 ②私漫画読むのは遅いんですが、それでも一冊20分で終わってしまうので数時間もたせられない(小説一冊を一週間かけても読めない人でも、マンガって一冊5分くらいで読んではりますね。不思議)
 ③自分好みの、面白い漫画を探すのが結構時間と資金かかって面倒。この理由がデカイですねマンガは。。。萩尾望都と藤崎竜作品だったら私にとってほぼハズレはないのですが、それでも100%じゃないし。飯田晴子(要)作品は、大好きですが「没頭」できる内容ではないですしね(難読過ぎる~💦)

もし、わたしが女に不自由しない男だったら、SEXに逃げていたことでしょう。セクロスの時は「不安もなにも考えない一瞬」に入り込めますから…。※男性側だと超一瞬で終わっちゃうかも??
もし、わたしが男に不自由しない女性だったとしても、女性ver.である限りセクロスはできるだけしないなぁ~。女性の身体である限り、快感よりもリスクが高すぎる。病気の感染、撲殺される可能性。。。捨て身じゃないとできないね。わしゃ長生きしたいんじゃ~。

 

なんでこんなことをつらつらとブログに突然書いたかというと、予約をかけたのを忘れたほど前にリクエストしたOSHOさんの本が、急に図書館で借りれまして…それを読んだ影響ですね。

幸せは外からもたらされるものではない、あなたの中にありあなたが「感じる」ものだ。相手によって幸せを感じるのではない、相手を「鏡」にして自分を見ているのだ

的なことが。当たり前のことで、おまえ今まで何年何冊スピ系の本読んで来たんだよーーって自分を叱咤したくなるのですが(T_T)(8年位と150冊くらいか)、日常のカネカネカネカネの世界に紛れているとすーーーっかりスグに忘れてしまうんですよね>< 儲かれば、人がいれば、良くなる…みたいに思ってしまうんです。そうじゃないってのは祖母(普通に家族を持てても…)、昔の上司(仕事があっても…)を見ててわかってるのに。

 

“読みたい”と思ってから4ヶ月後??くらいに読めることになったんですが、精神世界系で言えばこれがベスト・タイミングで、今の私にこの本は必要なものなのでしょう。

正直、スピ系の本って”体には一切副作用がないドラッグ“みたいなもんで、一瞬満たされた感(?)があるんですけど、資本主義世界に戻ってキリキリしてると(あ~あのスピリチュアル系本に費やした時間があったらappleとalphabetの株を日本から日本人が買う方法を調べとくんだった~)とか後悔してくるんですよね…それもまた辛しTTんでその更に後に「後悔」するのが無駄時間だったァァ~とまた自分を無意味に責めてしまうのである。。。エンドレス懺悔…いやちょっと違うな、しゅんかい…俊海は坊さんの名前💦、告解confessでもないし、うんrepent、エンドレスリペントや(←💀💦

つらつらと書いてしまいました。。。

これに関連する他の記事
valkyrie.tokyo
日々の気づき
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント