スポンサーリンク

TSマークっていくらなの? 自転車修理・点検後に貼って貰える自転車保険付きシールの価格

TSシールとは(特定の)自転車屋に修理・点検を持ち込むと貼られる保険付きシールである。他の自転車保険に入るより安上がりなのかなぁ…と、どの店舗でTSシールを貼ってもらったら安いのか、店によって価格に違いがあるのか、身の周りだけですが調べてみました。

 

自転車保険の義務化

大阪府等に引き続き京都府でも今年2018の4月から自転車損害賠償保険への加入が義務になりました。自転車保険でなくとも、自動車保険の特約やクレジットカードの補償でカバーするでもいいんだけど、とにかく「事故を起こした際に相手に賠償できる保険に入ってないとチャリに乗っちゃいけない」ようになったのです。

条例ですので都道府県によって強制かそうでないかは違います。
↓こちらのブログさんが随時更新していらっしゃいます。

自転車保険の義務化の動向|都道府県・自治体別まとめ
自転車保険の義務化は全国で静かに進んでいますが、詳細は自治体によって異なっています。この記事では各都道府県・自治体ごとの動向についてまとめました。 - もくじ1 都道府県別の義務化状況について1.1 北海道 進行中1.2 ...

全国的には「規制なし」の県が多いですね。

スポンサーリンク

自治体内で価格揃えてるのでは💀

どこも総合的には同価格だったんですよね。同じ市・府内では地域自転車協会みたいなのがあって談合で値段統一してるのでは?と思うのですが…。

AEON BIKE…2500円

イオンモールの中にある自転車店。
点検代が500円で、TSシールを貼るならプラス2000円だって。

サイクルスべースあさひ…2500円

修理にTSシール付帯保険コミコミセットで2500円。

近所の自転車屋…2500円

保険代が2500円です!ということでTSシールが貼ってありました

イオンバイクとサイクルベースあさひは全国チェーン店ですから、参考になるかなと思います。他府県だと同じイオンバイクとサイクルあさひでも値段が違うのか気になりますね…💀

原価のとこはないのか💀

どうやらTSシールの原価(っていうのかな)は1500円っぽいんですけどね。どこも千円上乗せしてるのかな。

自転車屋さんで自転車保険の相談ができないわけ

イオンバイクで質問した時、なんか投げやりに応対されて。「表のポスターに貼ってあったイオン自転車保険について聞きたいんですケド」と聞くと「あ、それはイオンクレジットの方に行って下さいね」とか。

しかし、サイクルベースあさひに行ってそれは仕方なかったのだとわかりました。

あさひでも店頭にパンフがあったので質問しようとしたところ、「保険に関して説明するのは保険の資格が要るので、詳しくは言えないんですけど、TSシールで自転車保険をまかなうよりはau保険の方がいいですよ…」。

TSマークの意味

自転車屋さんは自転車「保険」について説明してはいけないのかー!でも資格だの権利だのって○○損保とか○○生命の会社内の中だけの資格であって、法律違反にはならないのではとか思ってしまうのですが…無理なんですね。

1人専用自転車保険ならTSマークより安い?

確かにasahi×au損保の本人限定自転車保険だと年間1920円なので、安いですね。でも、自転車って家族で乗り回すしなぁ…。家族タイプになると2700円なのでTSマーク2500円でカバーした方が安いなぁ。

イオン自転車保険も同じで、本人限定だと年間1620円なのですがファミリータイプに対象範囲を拡大すると2700円になります。

ムーン(´ε`;)

生活の知恵(節約・貧乏)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント