スポンサーリンク

工房見学でウェッジウッド=トヨタみたいと思う。1日5時間労働!? WEDGWOOD FACTORY

Wedgwood Factory Tour「ツアー」ってついてますが必ずしもツアーに参加しなければいけないというわけではなく、1人でゆっくり見て回れます。

ウェッジウッドファクトリーツアー WEDGWOOD

見学料

ファクトリー見学は£10(大人)です。
おすすめはミュ―ジアムとのセット券£13.5がおトクです^□^

self-guided tour(ぼっち見学)だと40分ぐらいで見終わってしまいますので、折角来たんだし✨

guided tour(ガイドツアー)は1日2回です。その日は午前と14:30でした。
こっそり混じろうと入口付近のベンチに座って待ち構えてたらいつの間にか始まってた。さらに、英語についてけなかったorz

パネルの解説は英語のみです。

工房見学可能時間

入場は朝10:00~15:00まで。15:45まで居てもいい。
書いてないけど、昼休みはラインがストップして人が休憩でいなくなって見るものがなくなるので、
12~13時も避けましょう。

ウェッジウッド工房見学ツアーの時間

それにしても、10:00-15:45から休憩時間を差し引くと一日5時間労働ってコト??
どうも空気的に10時より前から始業してるように見えないし、
工場作業者が工場を閉めた後バックオフィスで働いてるようでもない。

なお、ワールド・オブ・ウェッジウッドの敷地内の大半は平屋の普通のオフィスなのですが、17時前に一斉に従業員の帰宅の車がびゅんびゅん出ていきます。
ネット業務や経理の人も残業とは無縁のようだ。

羨ましすぎ。。。

 

高城剛さんの本でスペイン人は4時間しか働いてないって出てくるのだが、それはタカシロさん(エリカさまの元夫)の周りの人だから特別な階層の人だけじゃないの?って思ってたんだけど、他の日本人も同じこと言ってたんだよね。
さらにイギリスで現にウェッジウッド従業員がササーーーと帰るのを目にすると、
短時間労働ってほんまに存在するのかも・・・??と思ってしまう。

都市伝説じゃなかったんだ。。。

ウェッジウッドファクトリーマップ

工房内の地図

ほとんど写真不可

ほぉ。今時外国で日本語を見るなんて台湾だけかと思ってた。イマドキ英語以外に書くんだったら中国語でしょ。
どうやら、ウェッジウッド好きの日本人が相当多いのかもしれない。ハイ、そのうちの1人でっす!
World of WEDGWOODに通った2日間は全く日本人見なかったんだけどなぁー。日本がお得意様の取引先なのかな。

ウェッジウッドファクトリーアウトレットでの日本語表記

すごくTOYOTAっぽい

従業員の紹介のパネルがあるんですが、読んでたら「代々ウェッジウッドに勤めてる」とかすんげ~トヨタ自動車城下町である豊田市っぽいんですけど。Stoke-on-Trentの町。。。

原発産業配下の高浜市や米軍・自衛隊の基地で保ってるような地方市みたいに、住民はウェッジウッド(やその他の陶器ブランド)にぶら下がってるわけか。ま、そりゃそうなるけど。

ウェッジウッドの職人 ワールド・オブ・ウェッジウッド工房の解説パネル

あ~雇って欲しい。職人として働きてぇ~~

ウェッジウッド工場見学 World of Wedfwood

ウェッジウッドの高さって全部人件費なんじゃ・・・??

ラインを見ていて、もちろんこれは「見せるための工房」であってここが全てじゃないとしても、
なんだか、「もっと効率よく」「もっと安価に」生産することって充分できるよな…という印象でした。
ユニクロみたいな企業に任せればジャスパー1客2万円も、2千円で量産できそう

「とっておき」な価格もブランドの価値の一つだし、そんなこと誰も望んでいないでしょうが…むにゃむにゃ。

ウェッジウッド 人件費 工場見学

ただ、なんだか、このスキルにこの価格出してるのは納得いかない、、、という逆に不満が募る工房見学になったのでした。

いや、まぁ、「それぐらいの技術で高級商品をつくりだしてるのはすごく効率が良い優良企業なのだ」とも言えますな。ま、そういう恩恵にあずかれてない者の僻みですよ、えぇ( ;∀;)

ストーク・オン・トレント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴワつく夜のともしび

コメント